JAM日本機械工業労働組合

あたりまえの労働運動をやってます。

 5月28日に全日建関西生コン支部への不当な弾圧を描いたドキュメンタリー映画「ここから」を全組合員で鑑賞した。上映の前には関生労組支援東京の会から関生という労働組合の成り立ちや、弾圧の経緯が説明された。

DSC04354
DSC04360

 22日での決着を求めて交渉を行うため朝ビラを職場委員と共に配布。

DSC04015

 19日の団体交渉でようやく回答が出された。13日からの連続的な交渉の結果である。
 午前中に18日の交渉紛糾を解消し、交渉継続を確認。昼休みの報告集会を経て、団交が行われ、賃上げ、夏季一時金とも昨年を上回る回答がだされた。しかし、世間水準からみると低いため、上積みを求めて交渉を行うことを拡大闘争委員会で決定した。
      19日の昼休み報告集会Aグループ
DSC03931

          21日の朝ビラ
DSC03974

↑このページのトップヘ