7月30日に定期大会を開催。コロナ感染の第2波となっていた最中であった。執行部は7月冒頭から、定期大会の準備と並行して、開催方法の検討を重ね、大会議室と食堂での同時開催を決めたのである。

2会場それぞれで議長と書記を選出し、資格審査も2会場を合算して大会の成立を確認したのである。第1会場は43人の参加で始まった。会場の入り口では全員がアルコール消毒をし、会場内は椅子を離し、ソーシャルディスタンスを保って大会を進めた。第2会場はコロナ対策で、ビニールで仕切られている食堂で行われ、43人が参加した。あわせて86人で大会は成立したのであった。

 

第1会場

執行委員長があいさつを行ない、「コロナは労働者の生活も脅かしており、すでに4万人が雇止め・首切りとなっている」とコロナ禍との対決を訴え、「組合員との交流のために抽選会を開催する。特賞は空気清浄機だ」と組合員にアピールした。

第1会場は通常の次第で進められ、総括と方針を書記長が提案し、休憩に入った。休憩中に委員長と書記長は第2会場に移動し、会計の決算報告から再開した。

予算と厚生部事業報告が説明され、職場委員選挙報告を行い。大会議室での定期大会を終えた。

 DSCN2492

第2会場

会計の決算報告から始まり、予算と厚生部事業報告を終えた後に休憩に入り、会計は第1会場へと移動したのであった。

休憩後に第1会場から移動してきた書記長が総括と方針の議案を提案した後に、執行委員長があいさつを行おこない、食堂での定期大会を終えた。

大会後に予定した定年退職者と議長を交えた懇親会は、コロナのために中止となった。

CIMG5175

 春闘が終わってもコロナ対策で労使の対立が際立っている。休業による従業員の安全確保を求める組合と有給休暇で出勤率を抑制をめざす会社とで意見が合わない。
 交渉は続いているが、連休前に春闘で活躍したリストバンドを洗浄して陰干しを行った。
 DSC_1070

 コロナの感染拡大を受けて、従業員の健康と命を守るために、会社に休業を要請。しかし、会社は「有給休暇で対応」と拒否した。会社に「企業責任として対応すべき」と抗議の文書を提出した。
 20日の昼休みに3グループ(コロナ対策のため)に分けて工場内で状況を説明。「会社の回答はコロナ対策ではない」と「自分の命を守ることを基準に有休をとる」こと、「改めて休業を会社に求める」ことを組合員に訴えた。
CIMG4971

↑このページのトップヘ