16日の回答は低額であり、従業員の生活を考えないものであった。拡大闘争委員会でも「これでは若い人たちが辞めてしまう」と声が上がり、粘り強い交渉をすることになった。
DSC00411