イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 沖縄が本土に復帰した5月15日。沖縄では平和行進が行われ、全国の人たちが沖縄に集まり、基地撤去の声を毎年上げている。今年は、ニッキから書記長と教宣部長が14日から16日まで沖縄に行き、反戦・平和の行動を闘ってきた。
 14日は住民がお互いを殺しあう「集団自決」が起きた読谷村のチビチリガマに行き、反戦地主の知花昌一さんから沖縄戦の悲劇を聞いた。知花さんは「別のガマ(洞窟)ではハワイ帰りの人がいて米軍に投降して助かった」「チビチリガマは中国帰りの人がおり、日本軍が中国で行った残虐な行為を米軍が行うと信じ、集団自決をした」「戦時中の教育がこのような悲劇を生み出したのであり、忘れてはいけない」と力説していた。夜は全国の青年が集まって辺野古の基地建設の状況報告や沖縄の歴史を訴える1人芝居、戦争と民営化に反対する労働運動の講演を聞いた。また、全国の青年部役員の決意表明などがあり、活気ある集会であった。
 15日は普天間基地の包囲行動に参加し、2万5000人の人たちと手をつなぎあい普天間基地の撤去を訴えた。参加者は過去最高となり、昨年の沖縄国際大学への米軍ヘリ墜落事故や辺野古の基地建設阻止闘争の緊迫化が、この行動につながったのだろうと感じた。集会後の県民大会でも辺野古への基地移設反対が訴えられていた。
 16日は辺野古へ行き、現地での座り込みや海上での阻止行動に参加した。現地の人たちの身体を張った阻止行動に参加者は感銘し、次々と海上の阻止行動に参加していた。全体で100名以上の参加者が陸上と海上で基地建設反対を訴え行動を行ったのだ。参加者は最後に「この沖縄の現実を本土に伝えよう」と決意しあった。 
 3日間の沖縄行動だったが、あらためて沖縄の基地の現実と自然の美しさを感じるものとなった。そして、労働組合こそが、この闘いの支援と連帯の輪を作り上げなければならない。