イメージ 1

イメージ 2

 3月13日の回答指定日以降、連日深夜まで交渉が行われ、15日に会社より最終回答が示された。拡大闘争委員会でその内容を検討し、受け入れることになった。
 過去最低の水準内容であるが、14日の昼休み集会や連日の朝ビラ、拡大闘争委員会での真剣な討議など、全力で組合員は闘った。20日に妥結大会を開催し、正式に07春闘を終えることになるが、労使の課題は山積しており、会社再建の闘いはまだまだ続く。