イメージ 1

 11月22日の回答をもって秋闘の妥結提案を28日の臨時大会で行った。大会の冒頭には、大会直前に亡くなった組合員への黙祷を行い、全組合員で弔意を示した。また、会場には故人が教宣部員として描いた立て看板を掲げ、組合活動への積極的な関わりに感謝の意を表した。
 書記長から交渉経緯が報告され、6回にわたる朝ビラや4回の職場集会など組合員の団結した闘争を評価し、時間外拒否闘争を貫徹したことを積極的に評価した。昨年を3万円以上上回る回答を得たが、夏の水準には遠く及ばなかった。金融恐慌下で進む首切り・リストラの中、09春闘に向かってさらに団結と闘争を強めていこうと総括が提起された。