イメージ 1

 4月29日に三多摩メーデーが開催され、日機から40人が参加。よく晴れ渡りメーデー日和であったが、お祭り気分と選挙一色のメーデーであった。参加者から「議員の発言より、職場の現状を産別の代表が述べるべきだ」との声もでた。確かに世界恐慌に突入し、労働者の首が切られている状況と無縁のメーデーは奇異である。