イメージ 1

 経営再建問題により、取り組みが遅れていた賃金復活交渉は4回の団体交渉を積み重ねたが、7月21日の「見直し実施見送り」回答で終結することになった。
 23日に拡大闘争委員会を開催し、終結を提起した。執行部から、「現状の企業状況の中、復活は難しいと結論付けた。しかし、付帯条項として将来の賃金水準のみなおしを確認させた」と総括した。来年の6月に再度見直し交渉を行うことになる。