今春闘は会社の業況が良くないなか、積極的な交渉と行動が必要であり、8日に事前交渉を設定し、12日には事務折衝を行って13日の回答指定日を迎えた。13日は青年女性部の協力の下、朝ビラを展開し、初日から会社に圧力をかけたのである。その効果なのか、数年ぶりに回答指定日に回答を得ることが出来た。しかし、交渉は引き続き行われている。
イメージ 1